子どもの性格に合わせた学習環境を整える

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは。みらい塾 塾長の馬場です。onehand2

みなさんのお子さんは、内向的ですか。それとも、外向的ですか。

65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_s

子どもの性格は、たとえ同じ家庭で育ったきょうだいでさえも異なります。そんな性格の違う子ども達それぞれに合わせて教育方法や学習環境を変えてあげていますか。

 

 

きょうだいで同じ学習環境を整えても、一方は成績優秀、もう一方はそうでもないということが多々起こります。それは、子どもの性格と学習環境がピッタリ合っていないからなんです。つまり、子どもの性格に合わせて【学習スタイル】や【学習環境】を変えてあげれば、子どもはより能力を発揮することができると言えます。

ではさっそく、子どもの性格に最適な学習環境やスタイルを探しましょう!

子どもが内向的な場合

意識が自分の内に向いており、自分の考えや思いに興味や関心を持っている内向的な性格の子どもは、他人との交流よりも一人でジックリものごとを考えたり、取り組んだりする環境を好みます。自分の好きなことに熱中するので、一部の人からは強く共感されるものの、多くの人には受け入れられにくいです。しかし、興味のある分野においては群を抜く知識を持つこともあります。

こうした子には、外部からの刺激があると気が散って思うように勉強ができないので、自分のペースで考えられる通信教育やマンツーマンの個別指導教室家庭教師などの【ひとりで学ぶ】環境を与えてあげると集中して取り組むことができます。過去の自分や実績(成績)をライバルとして競争心を高めるようにすると良いでしょう。

子どもが外向的な場合

意識が自分の外にむいており、周囲の人間やものごとに興味や関心を持っている外向的な性格の子どもの周囲には常に人が集まり、自身も他人と接することが心地よいと感じています。世間の流行りや周囲の動きを敏感に察することができるため、多くの人に共感されやすく、受け入れられやすいです。

こうした子は、グループでワイワイしながら学習することを好むので、人数が少ない個別指導教室や家庭教師よりも、補習校など大人数で運営しているところが適しています。友だちやきょうだいでライバルを作り、お互いが切磋琢磨するような環境を作ってあげると良いでしょう。

まずは、子どもをよく観察し性格を理解することが大切です。子どもの性格に応じて学習スタイルや環境を変えてあげることで、急に学力が伸びることもありますよ!

【予約受付(受付時間:10時~18時)】
contact_us_thumb1_thumb_thumb
※受付時間外でも、留守番電話にメッセージをお残し頂ければ折り返しお電話致します。

Web-icon_thumb2_thumb_thumb_thumb http://www.miray109.com

 

 ランキングに参加しています。もし良ければ、クリックしてください。(^_-)-☆ 

ジモモ ニューヨーク

 

.

こちらの記事も合わせてどうぞ!