斬新チョコに舌鼓!

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは。みらい塾 塾長の馬場です。heart4

皆さんは、ベーコンがお好きですか。

7a17293e4e7d05e7d3c7d4db12b4c8fe_s


ご存じのとおり、ベーコンは豚肉を塩漬けして長時間燻製にして作る、アメリカの朝食には欠かせない一品です。


日本ではバラ肉を使用して作るのが一般的ですが、アメリカにはさまざまな種類があります。

ロース肉で作る「Canadican Bacon(カナディアン・ベーコン)」や肩肉で作る「Shoulder Bacon(ショルダー・ベーコン)」、1頭の豚を背中から半分に割ったものを使う「Side Bacon(サイド・ベーコン)」など使う部位や、燻製をする木の種類(Applewood、Hickoryなど)によって幾種類ものベーコンがあり、スーパーには常時、冷蔵棚に所狭しとたくさんのベーコンが並べられています。

そんなベーコンが大好きなアメリカには、「Becon Mania(ベーコン・マニア)」と呼ばれる熱狂的なファンも存在します。

ベーコンを食べるだけでは物足りないベーコン・マニアのためにか、ベーコン柄の【食器】や【腕時計】、ベーコンの香りがする【ソープ】や【香水】、ベーコン味の【アイスクリーム】や【コーヒー】、はたまた【歯磨き粉】や【バンドエイド】にいたるまで、ベーコンに関するユニークな商品が数多く売られています。もちろん、ホリデーシーズンのこの時期には、クリスマスツリーに飾る【オーナメント】もベーコンです!

今日は、そんなベーコン・マニアの方に朗報です!

シカゴ発のチョコレート店「Vosges Haut-Chocolat(ヴォージュオー・ショコラ)」は、パリの有名店で修業を積んだChocolatier(ショコラティエ:チョコレート職人)がオーナーで、洗練された高級チョコレートだけでなく、Chipotle Chili(チポトレ唐辛子)、Reishi Mushroom(霊芝キノコ)、Indian Curry(インディアン・カレー)など、チョコレートには不釣り合いな食材を使ったかなり個性的なチョコレートを販売することでニューヨークでも人気のお店のひとつです。

その中でベーコン・マニア達におススメするのは、もちろん【ベーコン・チョコレート】です!

Bacon_Choco
ベーコン・チョコレートは、公式サイトでメインメニューのひとつに選ばれるほど注目度が高いチョコレートで、Bacon Caramels(ベーコン・キャラメル)やCinnamon & Sugar Bacon(シナモン&ベーコン)など数種類のベーコン・チョコレートが売られています。

甘いチョコレートの中に塩味のベーコンが程よいアクセントなっており、日本で一時期大ブームだった【塩系デザート】に近いです。塩気のあるチョコレートはシャンパンやワインを始めとするお酒にとてもよく合うので、甘いのが苦手な人へのギフトとしても良いのではないでしょうか。

妥協しないで追究した斬新かつオシャレなチョコレートをぜひお試しあれ!

【お店詳細】
Vosges Haut-Chocolat
○1100 Madison Avenue, 212-717-2929
○132 Spring Street, 212-625-2929

公式サイト
※イベントや情報に関しての詳細は、公式サイトまたは上記連絡先へ直接お尋ねください。

 

 

image_thumb3_thumb_thumb

直営店はマンハッタンに2軒ですが、Food Emporium(フード・エンポリアム)などのスーパーやデパートでも購入できますよ♪ (^-^)

 

 

 ランキングに参加しています。もし良ければ、クリックしてください。(^_-)-☆ 

ジモモ ニューヨーク

 

.

こちらの記事も合わせてどうぞ!