海外で日本語をムリなく・ムダなく続ける方法

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは。みらい塾の馬場です。nigaoemaker1118_thumb_thumb

 

さて、皆さんのお子さんはムリなく・ムダなく日本語を勉強していますか。

 

da2869bfb9cc34d491887a44eab2b951_s

 

 

 

海外で日本語力を維持、向上していくことは、
日本で英語力を身につける以上に労力時間が必要です。


外来語の看板や言葉が街中にあふれている日本とは異なり、
海外では普段の生活の中で
日本語自体を目にしたり、耳にしたりすることは滅多にありません。



つまり、

海外で日本語を習得するには、
家庭で ムダのない勉強 を ムリなく続ける ことが必須です。

 

さて、皆さんのご家庭では、
お子さんに日本語の勉強をぶっ通しで

漢字をず~っと書かせたり、
延々と計算させたり、
問題集をひたすら解かせたり、

していませんか。
もしそうなら、今すぐやり方を変えましょう!

こんな無理を強いるやり方では、
集中力が続かないまま、
ダラダラと時間を過ごすだけのムダな勉強になってしまいます。

★★ ポイントは 20分! ★★

子どもは、私たち大人が驚くほど集中するときがありますが、
よく観察してみると、夢中で遊んでいるようでも、
実際は次々と遊びを変えているのに気づきます。

子どもが自然に実践している
集中力の持続の仕組みを勉強にも応用してみましょう!

毎日1時間の勉強するなら、
ず~っと同じことをさせるのではなく、

point8_2 20分の音読(国語)
point8_2
 20分の計算問題(算数)
point8_2 20分の漢字練習(国語)


このように20分ずつの
短いインターバルで勉強の内容を区切ってみましょう!



さらに、

学習する教科を変えることで
何度も休憩時間を挟まなくても
脳がリフレッシュされ、質の高い集中力が続きます。



85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s



★★ ポイントは くり返し! ★★

一度に何時間もするより、
短時間を毎日くり返すほうがはるかに効果的です。

また、

毎日くり返すことで、
行動が習慣化され、容易に継続しやすくなります。

つまり、

週末に10冊の本を一気に読み聞かせ→週10冊を達成!
音読を1日に7回だけ練習→週7回の音読を達成!
日本語の宿題を前日にまとめて終わらせる→期日に提出!

こうした方法は結果だけ見ると、
やるべきことをやっているように見えます。

しかし、

読み聞かせを毎日していないので、本が好きにはならない
音読を毎日していないので、すらすら読めるようにならない
宿題を少しずつしないので、語彙や内容をすっかり忘れている

同じ時間を勉強に費やしても、
やり方が間違っていると、せっかくの労力がムダになります。

毎日1~2冊ずつの本を読み聞かせ→週10冊を達成!
毎日1回音読の練習→週7回の音読を達成!
毎日少しずつ宿題をする→期日に提出&定着!

日本語学習に同じ時間を費やすのであれば、
ムダなく効果的に、
親子でムリなく続けるように工夫しましょう!

毎日コツコツが、海外で日本語を続ける秘訣ですよ♪

みらい塾ではムリなく、ムダなく、
さらに、楽しくをモットーに指導しています!



freshman


inquiry

※受付時間外でも、留守番電話にメッセージをお残し頂ければ折り返しお電話いたします。


http://www.miray109.com

 

 ランキングに参加しています。もし良ければ、クリックしてください。(^_-)-☆ 

ジモモ ニューヨーク


 


.

こちらの記事も合わせてどうぞ!