漢字の音訓読みを見分ける5つのポイント

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは。みらい塾の馬場です。nigaoemaker1118_thumb_thumb

 

海外在住のお子さんが日本語を勉強するとき、一番比重が大きいのが漢字の学習ではないでしょうか。漢字1字に対して複数の読み方があるため、漢字の勉強は大変だと思ってしまう子も多いです。

6b5fd534eee8aff3276c359f7ced1a8e_s

 

 

さて、漢字には、音読みと訓読みがありますよね。

音読みは、中国での発音をもとにした読み方で、
「サン、カ、フウ…」などとカタカナ表記されることが多いです。

一方、

訓読みは、漢字が中国から来たのちに日本人が考え、
単漢字の意味を表す読み方で「やま、なつ、かぜ…」などです。

漢字を学習するうえで、
音訓読みを完璧に判別できるようになる必要は全くありません。

しかし、単漢字の意味や熟語の基本知識として、
ある程度の見分け方のコツは身につけておくと便利ですよ。

3fdcbeae1c70584e49c58f81fa5469d8_s

音読み・訓読みの見分け方

ポイント その1: 送りがなが必要なもの=訓読み

漢字に送りがなを付けるのは日本独自の方法です。
ですので、送りがなが必要なものは訓読みである可能性が高いです。

教える
書く
食べる


——など、送りがなが必要なものは訓読みと考えましょう。

 

ポイント その2: 読み方が1つだけ=音読み

訓読みは日本人が考えた読み方なので、
すべての漢字に音訓読みの両方があるわけではありません。

区(ク)
駅(エキ)
第(ダイ)


——など、読み方が一つしかない場合は、音読みと考えましょう。

ただし、例外があります。

峠(とうげ)
畑(はたけ)
枠(わく)


——などの国字(日本が独自で作った漢字)には
訓読みしかないので、注意しましょう。

ポイント その3:  ンで終わる=音読み

「ン」の音は、昔の日本にはありませんでした。
ですので、「ン」が読みに入っている場合は、音読みと考えられます。

本(ホン)
新(シン)
線(セン)


——など、「ン」で終わる読み方は音読みと考えましょう。

ちなみに、訓読みが単漢字の意味を表すことから、
(キン)」や「(ギン)」は訓読みだと思いがちです。

しかし、「ン」の音で終わるので、実はこれらは音読みです。


と言うのも、

訓読みの「(かね)」や「(しろがね)」が、
漢字が入ってくる以前から日本で使われていた言葉だからです。

ポイント その4:  拗音を含む=音読み


前述の「ン」の音と同様、
昔の日本にはない音である拗音(小さなヤユヨ)が読みに入っている場合は、
音読みと考えられます。

客(キャク)
宿(シュク)
貯(チョ)


——などのような拗音を含む読みは、音読みと考えましょう。

ポイント その5:  同じパーツを含む=音読み

漢字の中に同じパーツを含み、
形が似ている漢字の読み方は、音読みであると考えられます。

ショク、シキ: 織、職、識
ミツ: 密、蜜
ドウ: 同、洞、胴

上記5つのポイントのほかにも
大まかに音訓読みを判別するルールは存在します。

ただ、例外が多いので、今日はでは割愛しますね。

音訓読みの勉強は、改めてするというよりも
新出漢字を覚えるときに合わせて行うのが効率的でおススメです。

音訓読みがだいたい分かれば、
熟語の意味を理解するときにも大いに役立ちますよ♪

みらい塾では、小学1年生の漢字から、
しっかり音訓読みを区別して指導しています。

freshman

 

inquiry7
※受付時間外でも、留守番電話にメッセージをお残し頂ければ折り返しお電話いたします。

 

 


 

 ランキングに参加しています。もし良ければ、クリックしてください。(^_-)-☆ 

ジモモ ニューヨーク

 

.

こちらの記事も合わせてどうぞ!