お子さんの英語の語彙力を育てる問題集

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは、みらい塾 塾長の馬場です。pencil1.png
今日は、現地校で活躍する英語の語彙を増やすのに効果的な学習本「Wordly Wise 3000」をご紹介します。
Massachusetts(マサチューセッツ州)の学校教材として作られたこのWordly Wise 3000シリーズは、Educators Publishing Service社から出版されており、幼稚園~12年生までの英語の語彙やスペルを学習するために最適なワークブックです。
特にこのシリーズは、現地校のELA(English Language Art:国語)の先生や家庭教師などから高い評価を受けており、日本人が不得意とする語彙力を養いながら、読解力とエッセーを書く力を育てます
Wordly Wise 3000では、ワードリストとしてレッスン毎に15個ずつ単語がリストアップされており、それらの単語を何度も違った形で復習しながら覚えられるよう工夫されています。
レッスンで学習した15個の単語を全て使って構成された文章読解問題では、子ども達が苦手な歴史や科学などノンフィクション作品の一節が多く使われています。解答も記号をただ選ぶような選択問題ではなく、文章で説明されたことを的確に抜き出すことで、内容を正確に理解するし回答する訓練にもなります。
現地校では、ニューヨーク州共通テストが始まる小学校中学年ごろから語彙が難しくなります。急に語彙力や読解力を上げるのは至難の業なので、少しずつ毎日このテキスト本で勉強する習慣をつけることをお薦めします。
主に学校教材として使われるので、解答本は別冊で販売されています。また、このワークブックに対応した確認テスト問題集も別途販売されているので、本誌と合わせてお使いになることで、より効果的に学習ができます。
front_hero.png
詳細は、以下のサイトより。
www.wordlywise3000.com/:公式サイト
 今日のひとり言
a_aka.gif

かなり良質なワークブックにもかかわらず、1冊10ドルほどの価格設定がとても良心的です。主にホームスクーリング(家庭教育)やクリスチャンの教育者に好んで使われているようですよ。(^_^)
EPS社からはこのWordly Wise 3000シリーズだけでなく、他にも文法・読解・作文などに特化したシリーズも多数出版されているので、小学校低学年から英語力をしっかりと身につけたいと思っているのであれば、これらのシリーズはとても役に立つと思います。
ただ、第1言語である
日本語力をアップすることが第2言語である英語力を高める近道になる場合もあるので、日本語も小さい頃からしっかりと頑張りましょうね!(^_-)-☆

 
??ブログランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いします♪ (^o^)丿??
      にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ      
      にほんブログ村

こちらの記事も合わせてどうぞ!