塾長のひとり言 ~みらい塾~

ニューヨーク在住の塾長が徒然なるままに、ひとり言をつづります

塾長のひとり言 ~みらい塾~ - ニューヨーク在住の塾長が徒然なるままに、ひとり言をつづります

立ち止まるリスクに敏感であれ!

こんにちは。みらい塾の馬場です。nigaoemaker1118_thumb

 

さて、普段は元気いっぱいのお子さんも風邪でダウンしたり、習いごとで忙しかったり、家族で旅行へ出かけたりなど、勉強を全然しないという日はありませんか。

 

9a9b3f2329ddd1215ea988049b3db19e_s

 

そんなとき、
皆さんはお子さんに挽回するよう、きちんと促していますか。

勉強をまったくしない。
それはつまり、

学習の進捗が「0(ゼロ)」であると言うことです。

そのことについて、
お子さん自身や保護者の皆さんは
どれほど大変なことであるかきちんと理解していますか。

 

勉強をまったく進まなかったというのは、

マラソンでいうとペースダウンではなく、
完全にその場で立ち止まっている状態のことです。

 

f44027707649731dd4f91526a289d8d5_s

つまり、

復帰したあとに停止していた分を挽回しなくては、
その後もずっと開いた差がそのまま残り続けます。

しなかった勉強の量を挽回するためには、
単純計算で通常の倍の時間が必要となります。

しかも、

立ち止まったあとに、
次の行動を起こすには、それまで以上に強い意思が必要です。

一度、立ち止まったことを容認してしまうと、
人は無意識のうちに、

今日は〇〇だから休もう

と、しない言い訳を繰り返しながら、
これまでの勉強の習慣が崩れていくことに鈍感になります。

休んだ分を確実に埋めようとしているか
これまでの習慣が崩れる可能性があると認識しているか

おかれている状況をきちんと理解し、
進みがゼロになったことを真剣に受け止めなければなりません。

風邪を引いたんだから仕方がない
習いごとが忙しくて日本語の勉強ができないのは当然
旅行中は勉強はお休みさせたい


こうなると
学力(日本語力)はどんどん下がってしまうのは言うまでもありません。

 

ただし、小中学生の場合は、子ども本人に
「立ち止まっている/遅れている」という自覚がまだありません。

ですので、
子ども達の代わりに親が敏感でい続ける必要があります。

親の感度の差が、
その後の子どもの学習能力にハッキリと大きな差として現れます。

72adf43fce69607312117f074668ac99_s

 

授業を聞いていないんだから分からなくて当然
休んだ分の宿題はしなくても構わない

こんな考えは今すぐ改めましょう!

授業で進んだ分を家でフォローアップする
友だちに板書ノートを借りる
分からないところは次回先生に尋ねる
休んだ日の宿題は積極的に出してもらう

こうしたことをするだけでも、立ち止まった感は薄れます。

間違っても「ゼロ」であることを正当化せず、
親子で立ち止まることに敏感になってくださいね!

みらい塾では
立ち止まることがないよう子ども達をサポートします!

springSC_banner

 



 

inquiry※受付時間外でも、留守番電話にメッセージをお残し頂ければ折り返しお電話いたします。


Web-icon_thumb2_thumb_thumb_thumb_th http://www.miray109.com

 

.

Category: 教育